3月13日(水)18:30~

「認知症」ってなんですか? ー激変した認知症医療とケアの常識

少し物事を忘れただけで「認知症なのでは?」そう簡単に疑われるほどに、言葉だけはよく知られている認知症。そもそも、認知症とはなんでしょうか?

 

今や認知症はかつての絶望的な病から、早期からの適切な医療と接し方・ケアによって、その人らしい、よりよい人生を送ることが出来るとまで言われるようになっています。

 

今回は誰もが今知っておくべき認知症について、初任者研修や実務者研修より深く学ぶために、認知症の当事者である樋口直美先生をお招きしました。

 

樋口直美先生は50歳で若年性レビー小体型認知症と診断されました。診断前後の葛藤や不安を日記につづり書籍化した「私の脳で起こったことーレビー小体型認知症からの復活」は、それまで多く語られてこなかった当事者の声を広く伝える手がかりになりました。

 

認知症についてその渦中にある人から直接、話を聞けるのは非常に珍しい機会です。認知症のある人のケアをしているのに、本当の声を知らないのって変だと思いませんか?幻視という症状ひとつをとっても、教科書で学ぶのと実際に見えている人からその体験を教えてもらうのとでは、どう関わると良いのかを考えるときの視点が違うはずです。

 

こんな人はぜひご参加ください

 認知症の当事者が、認知症をどう考え、何を感じているのか知りたい

  認知症のある人がより良い人生を送るためには、どのようにケアをすべきか学びたい

認知症ケアの常識をアップデートしたい

 

場所

湘南ケアカレッジ町田教室

 

時間帯

18:30~21:30

*講演終了後は、ゲストスピーカーやスポンサー施設・事業所の方々も交えて、軽食(こちらで準備します)を召し上がりながらのフリータイムになります。ゲストスピーカーに質問をしてより学びを深め、同じく介護の現場で働く人たちの情報交換やお仕事の相談、講演の感想を語り合う時間としてもお楽しみください。

参加費

各回1,500円(税込)

 

定員

各回30名(定員を超えた場合は、抽選になることもありますのでご了承ください)*満員御礼

*4月24日(水)18:30~追加講座を開催します。これ以上の開催はさすがに難しいため、ご希望の方はお早目にお申し込みください!

お申し込みの流れ

1、以下のお申し込みフォームから、必要事項を入力し送信してくだい。

2、携帯番号またはメールアドレスに、申し込み受付のメールをお送りします。

3、お申し込みの回の当日、教室までお越し下さい。参加費は当日、受付にて現金でお支払いください。

*参加資格は特にありません。ご友人やご家族、同僚との参加も大歓迎です!

*当日は動画や写真の撮影が行われますのでご了承ください。