4月8日(月)18:30~ 定員30名

認知症VR(バーチャルリアリティ)の世界を体験しよう

風邪をひいた時の身体のだるさであれば、自らの経験を引っ張り出してきて想像できますが、認知症について、「一度なったことがあるから想像できるよ!」という人は、ほぼいないはずです。

 

そこで、最新のVR(バーチャルリアリティ)の技術を駆使し、認知症ではない人が認知症の中核症状を体験できる時間と空間を作りました。本で読むよりも、人から聞くよりも、自分が認知症になる体験をするのが、理解への一番の近道です。

 

専用ゴーグルとヘッドフォンを装着すると、そこには4K解像度の映像とリアルな音によって作り出された、認知症の世界が360度広がっています。想像でしかなかった認知症の世界は、VRの技術によって目の前に実現するのです。

電車の中などの身近なシチュエーションにおける、視空間失認や見当識障害、幻視などを自分の五感で確かめることができます。専門家や認知症の当事者(レビー小体型認知症編は第2回ゲストスピーカーの樋口直美先生が監修)の声を元に制作されているからこそ、より本物の体験に近い内容になっています。

 

また、VR体験の合間にグループワークを交え、「どのような気持ちになったのか」、「(もし自分が認知症のある人であれば)どうしてもらえたら嬉しいか」を共有することで、他の参加者はどう感じているのか知ることもできます。

 

90分の体験を終えたあと、体験をする前には考えつかなかった、新しい「自分が今日からできること」にたどり着いているはずです。

 

こんな人はぜひ参加してみてください。

・認知症のある人が何に戸惑い、不安を感じているのか知りたい。

・認知症について、もう一度、自分ごととして考え直してみたい。

・認知症を本当に理解したうえで、優しいケアがしたい。

 

場所

湘南ケアカレッジ町田教室

 

時間帯

18:30~21:30

*講演終了後は、ゲストスピーカーやスポンサー施設・事業所の方々も交えて、軽食(こちらで準備します)を召し上がりながらのフリータイムになります。ゲストスピーカーに質問をしてより学びを深め、同じく介護の現場で働く人たちの情報交換やお仕事の相談、講演の感想を語り合う時間としてもお楽しみください。

参加費

各回1,500円(税込)

 

定員

各回30名(定員を超えた場合は、抽選になることもありますのでご了承ください)*満員御礼

お申し込みの流れ

1、以下のお申し込みフォームから、必要事項を入力し送信してくだい。

2、携帯番号またはメールアドレスに、申し込み受付のメールをお送りします。

3、お申し込みの回の当日、教室までお越し下さい。参加費は当日、受付にて現金でお支払いください。

*参加資格は特にありません。ご友人やご家族、同僚との参加も大歓迎です!

*当日は動画や写真の撮影が行われますのでご了承ください。