講師インタビュー

―なぜ介護の世界に入ろうと思ったのですか?男性が仕事として介護を選ぶのは、何か大きなきっかけや考え方の転換があったのではと想像するのですが。

 

この世界に入る前は営業の仕事をしていました。あるとき、営業の仕事がこのまま続けられるのだろうかと思い、何か自分にできる一生の仕事はないかと考えました。そこで、高齢者の方とお話をするのが好きだったので、介護の仕事が頭に浮びました。介護の仕事は減る(なくなる)ことはないだろうという思いもありました。さっそくホームヘルパー2級を取得して、介護の世界に飛び込んだのが2000年ぐらいでしたね。

 

―それから13年間、介護の仕事に携わってきたことになりますが、この世界の魅力はなんですか?

 

ひと言でいうと、答えがないということでしょうか。介護は、たとえ看取りまでさせていただいたとしても、もうちょっとこうしてあげたら良かったのではないかと、ずっと思い続ける仕事なんです。これがゴールだ、これが正解だというのがない世界なんです。それでもそれを追い求めていくのが私たちの仕事です。そういった意味では、とても魅力のある仕事だと思います。ゴールに到達してしまってハイおしまいという仕事ではないですから。次から次へ、自分のやりたいことややるべきことが出てくる。本当にこれでいいのかと自分に常に投げかけていかなければなりません。

 

―なぜ講師になろうと思ったのですか?

 

自分の経験を生徒さんに伝えて、面白いことも悲しいことも、実際に現場であったことをぶつけて、それから、じゃあどうしたらいいのだろうと一緒に考えていきたい。それが最初の動機です。現場ではこういうことが必要になりますよ、求められますよ、だからここを知っておきましょう、覚えておきましょうという形で教えていきたいのです。現場に合わせた内容を教え、それが実際に現場で使えて初めて、学校に行って学んで良かったなと思ってもらえるのだと思います。

 

また、生徒さんに教えるためには、自分のスキルをアップしなければなりません。そういう状況に身を置きたいと思えたこともきっかけのひとつです。

 

―どのような考え方を持った人を育てていきたいですか?

 

介護はお手伝いすることではありません。やってあげるお世話の介護から、足りないところを助ける介護にしていきたいと思います。自立支援の考え方をもった質の高い介護士さんを育て、将来は高いお給料をもらえるように導いてあげたいです。

 

質の高い介護が求められる時代が必ずやってきます。これから介護職員初任者研修を修了される方が介護福祉士になる頃には、質の高い介護がきちんと評価されるような、今までとは全く違った制度ができているかもしれませんね。

 

そういった面も含めて、修了生が卒業したあとも、気軽に戻ってこられる学校でありたい。そういう学校でなければ、きちんとした形でフォローはできないと思います。

 

―最後に、これから介護の世界に飛び込む生徒さんにメッセージをお願いします。

 

「世界一のバッターであるイチローでさえも、自分に投資をしてバッティング技術を上げているのだから、プロフェッショナルである私たち介護者も自分を磨くのは当然だ」と私の勤めていた施設の上司から言われたことを今でも覚えています。私自身そのようにありたいですし、生徒さんたちにもぜひ湘南ケアカレッジに来て自分のスキルやこころを磨いてもらいたいと思います。

 

採用基準

湘南ケアカレッジの先生方は、面白くて、分かりやすくて、優しく丁寧で、情熱的で、とても素晴らしい、と言ってくださる生徒さんがたくさんいます。これ以上の褒め言葉はありません。先生共々、大変嬉しく思います。そして、自画自賛ではなく、本当にそうだと思います。授業を拝見させてもらって、また湘南ケアカレッジというチームで一緒に仕事をさせてもらって、実際に素晴らしい先生ばかりなのです。どうしてこんな素晴らしい先生方が揃ったのか。その秘密は、湘南ケアカレッジの採用基準にあります。

 

湘南ケアカレッジの採用基準について話す前に、私がかつて子どもの教育に携わっていた頃の話をさせてください。平たく言うと、高校受験を中心とした学習塾を運営していました。もちろん、講師の採用から手がけさせてもらい、学習塾での講師採用経験のなかった私は試行錯誤を繰り返しました。筆記試験と面接の結果にて選考する上で、筆記試験の点数に重きを置いてみたり、面接の受け答えの良さを重視してみたり。どうすれば、学習塾の講師に向いた大学生を採用できるのか、彼ら彼女らのその後の活躍を見ながら採用基準を磨いていきました。

 

最終的にたどり着いた採用基準は、いたってシンプルなものでした。それは「教職を目指しているかどうか」でした。面接の時点で教職を目指していると明言した講師は、その後、現場の厳しさや理不尽さにぶち当たったときにも、決してふて腐れることなく、それを糧として曲がりなりにも成長していく姿がありました。たとえ筆記試験の点数が少々悪くても、面接で完璧な受け答えができなくても、教職を目指しているという夢を持っている人は頑張れるのです。つまり、自分のビジョンと今の仕事が同じ方向を向いているかどうかが重要なのです。

 

このシンプルな採用基準が見つかってからは、採用面接は最初の30秒でほぼ決まりました。面接の最初に他愛ない世間話をしたのち、ごく自然な形で、「将来は何をしたいのですか?」と質問します。すると、「広告業界に進むつもりです」、「弁護士になりたいと思っています」、「まだはっきり決まっていません」などなど、それぞれが将来のことを少なからず語ってくれます。彼ら彼女らの明るい未来を想像しつつ、私が聞きたいキーワードはひとつ。「教職を取ろうと思っています」もしくは「学校の先生になりたいです」。これらの言葉を発してくれた人はほぼ確実に採用しました。

長らく引っ張ってきましたが、湘南ケアカレッジの採用基準も同様にシンプルです。「一緒に飲みに行きたいかどうか」。ただこれだけです(笑)。実際には私はお酒が全くといってよいほど飲めないので、一緒に食事に行ったら楽しそうかどうかということ。もっと分かりやすく言うと、人間的な魅力があるかどうか、もし自分が生徒だったら、この人から教えを受けたいかどうかということです。これは私が介護・福祉の様々な研修にたずさわってきた経験から学んだことです。この分野における豊富な知識や経験があるのは当たり前で、立派な経歴や大学での講師経験や数え切れないほどの資格よりも、もっと大切なものがあるのです。人間的な魅力に溢れる湘南ケアカレッジの先生たちの授業を、ぜひ受けに来てくださいね。

在籍講師数(専任・兼任別)

在籍講師13名(専任2名、兼任11名)